熟女とメル友になってセックスに持ち込むまでのプロフィール設計とメール術を公開!

熟女とセックスできるメール術

熟女とは出会い系サイトで出会うのが手っ取り早いですが、メール術やプロフィール設計がうまくいっていないとセフレ化はおろか相手にすらされません。

この記事では、熟女が相手にしたくなるようなプロフィールの作り方とメール術について解説し、熟女と出会う方法をご紹介します。

目次

熟女とセフレの関係になるためにはプロフィール設計とメール術が必要

「熟女とセフレの関係を築きたい」
「熟女の格別なセックステクニックを味わってみたい」
「熟女相手にナンパしたいけど気が引ける。他の方法はないのかな?」

上記のようなことを考えている男性がこの記事を読んでいるかと思いますが、熟女と比較的簡単に出会えるのは出会い系サイトです。

ただし、見出しで紹介したプロフィール設計とメールの仕方をマスターしないと、出会うことは難しいです。

熟女と出会うのは出会い系サイトがほとんど

熟女で出会い系サイトをやっているのは、ほとんどが不倫セックス願望があって登録をしているとみて間違いありません。

ただし、不倫願望があるとはいえどもセックスするまでつなげるのは簡単ではありません。

基本的に出会い系サイトでは、ただプロフィールを作る&メールを送っているだけでは熟女は返信してきません。

なぜなら人妻は配偶者がいるため、不倫が見つかった場合のリスクが大きすぎるからです。

よって、戦略を練らずにただプロフィールとメール文を作っているだけでは熟女は疑心暗鬼になり、結果出会えないというケースが続くことは言うまでもありません。

プロフィールとメールから信頼感が出ると会える&セックスできる確率が上がる

出会い系サイトで知り合う場合は、プロフィールとメールでのやり取りで熟女に安心感を与えなければ会うことすらままなりません。

そのため、プロフィール設計とファーストメールはとくに重要なポイントです。

最初のうちはプロフィール設計やファーストメールのやり取りは難しいかもしれませんが、徐々に慣れていくと熟女からの返信率も高くなっていき、出会ってセックスできる確率も上がっていきます。

では、そのプロフィール設計とメールの作り方はどのようにすればよいのでしょうか?

次の章では、前提としてなぜプロフィール設計が重要なのかを解説していきます。

プロフィール設計が重要な理由3つ

出会い系サイトでプロフィール設計はメール術と並んで重要な要素になります。

プロフィール設計が重要な理由は以下の3つになります。

  • サクラや業者ではないことを証明するため
  • 共通点があれば好感度アップにつながる
  • 会える確率が単純に上がる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

プロフィール設計が重要な理由1.サクラや業者ではないことを証明するため

プロフィールを充実させることは、異性にサクラや業者ではないということをアピールするためにも重要です。

出会い系をする上で避けられないのが「業者」や「サクラ」の存在です。

上記のようなクズ共に悩まされた経験は、読者の男性であれば一度や二度ではないでしょう。

実は、女性のほうもサクラや業者に悩まされているパターンが多いです。

そして業者やサクラの特徴は、プロフィールをとにかく手抜きしているということです。

ほとんどの項目が空欄の場合は、ほぼ確実にサクラか業者です。

そこを利用して、プロフィールを充実させることで業者やサクラと差別化をしてください。

項目を埋めることで、熟女に「あ、この人サクラじゃないんだ」と安心感を与えられます。

プロフィール設計が重要な理由2.共通点があれば好感度アップにつながるから

プロフィールを充実させることは、共通点からお互いの好感度をあげる可能性を秘めています。

「類似性の法則」と呼ばれる心理学の法則では、人間は共通点や似ている相手を好きになる傾向にあると定義されています。

つまり熟女と共通点が多ければ多いほど、会える確率というのも上がるわけです。

出会い系では、趣味や出身地を入れる欄が必ずあるので、任意項目であろうと必ず埋めるようにしましょう。

もしかすると、同じ出身地の熟女と地元トークで盛り上がりそのまま出会ってホテルへ…なんてこともあるかもしれませんよ!

プロフィール設計が重要な理由3.会える確率が上がるから

プロフィールが充実をしていれば、相手に多くの情報が伝わるため、単純に会える確率が上がります。

情報の少ない人には男性側も会いたくないと思いますし、女性側も同様です。

さらに、プロフィールをしっかり作り込むことで他人と差別化できます。

出会い系では「他人との差別化」がかなり重要なので、プロフィール設計にはとにかくこだわることをおすすめします。

そして「ここは更に改善できるよな」などの改善点があった場合は、どんどん修正を加えていってください。

基本的なプロフィールの作り方

では、具体的なプロフィールをどのように作ればいいのでしょうか?

異性に見られるプロフィールの作り方は以下の6つです。

  • 基本的な項目は全て埋める
  • 誠実であることをアピールする
  • サイトに登録した目的を記載する
  • 趣味は異性受けするものを指定する
  • 異性のタイプを指定しない
  • プロフィール写真を必ず設定する

では、それぞれ見ていきましょう。

基本的なプロフィールの作り方1.基本的な項目は全て埋める

プロフィールで埋めるべき項目は全て記入をしてください。

埋められる項目を記入することで、異性から共通点で目に留まる可能性もありますし、手抜きをしている他の人と差別化ができるメリットがあります。

記入する項目の例としては、出身地、ニックネーム、趣味などがあります。

基本的なプロフィールの作り方2.誠実であることをアピールする

女性は警戒心が強いですから、自分自身が誠実な人間であることをプロフィールでアピールする必要があります。

誠実さをプロフィールに出すには、以下の3点を意識して自己紹介文を作成してください。

  • 最初に挨拶(例:初めまして、プロフィールをみていただきありがとうございますetc)
  • 自己紹介文は敬語でつくる(です・ます調)
  • 「いただいたメールには必ず返信をします」を入れる

上記の3点を書くことで、誠実さを文面でアピールできます。

基本的なプロフィールの作り方3.サイトに登録した目的を記載する

出会い系サイトに登録をした目的は何なのかも自己紹介文に入れてください。

なぜなら、目的が一致している異性のほうが会える確率が高いからです。

セフレ探しの男性と、真剣に婚活をしている女性がマッチングするはずがないのは皆さんおわかりかと思います。

例文としては以下の2点があります。

  • 「真剣に付き合える人を探すために始めました」
  • 「将来添い遂げられる人を見つけたいので始めました」

上記のような例文を入れると、異性から目に止まりやすくなるので試してください。

基本的なプロフィールの作り方4.趣味は異性受けするものを指定する

趣味は異性から受けそうなものを記入してください。

これも共通点から話題が広がり、出会える確率が高くなるからです。

女性受けする趣味としては「スポーツ」「料理」「旅行」「音楽」などがあります。

対して、「ギャンブル」はだらしない男性という印象を与えてしまうため、書かないほうがよいでしょう。

基本的なプロフィールの作り方5.異性のタイプを指定しない

多くの出会い系サイトでは、異性のタイプを指定できますが、タイプは指定しないことをおすすめします。

タイプを限定すると、「それ以外の異性は受け付けない」ととられてしまうため、それだけ異性の母数が減ってしまいます。

母数が減ると、出会うチャンスが比例して減ってしまうのは言うまでもありません。

例として、年齢では「年相応」、スタイルでは「細身」~「ややふっくら」と幅広く範囲を持たせましょう。

基本的なプロフィールの作り方6.プロフィール写真を必ず設定する

プロフィール写真を設定することは出会い系サイトでは必要です。

男性が写真のない女性にメッセージは送らないのと同じで、女性も写真のない男性には警戒心をいただきます。

場合によっては「もしかしたらサクラや業者かも」と見られる可能性もあります。

おすすめのプロフィール写真は、例として以下のようなものがあります。

  • 体全体が映っている写真
  • 趣味をしている時の写真
  • 笑顔の写真
  • 出かけたときに撮影した写真

逆に自撮り写真は「自分に酔っている」「ナルシストという」印象を与えるため、プロフィール写真にはしないほうがよいでしょう。

熟女と会うためのメール術

プロフィールをきっちり仕上げたうえで活きてくるのがメール術です。

出会い系のメールは「この人信頼できるな」と印象づけるようなメールテクニックが必要です。

ここでは、熟女と出会うためのメール術について3つ紹介します。

テクニックは以下の3つです。

  • 自己開示する
  • プロフィールから共通の話題をメールに入れる
  • 聞き上手になって共感する

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

熟女と会うためのメール術1.自己開示をする

まず、最初のファーストメールはこちらから自己開示をするようにしましょう。

熟女は先ほども解説しましたが、基本的に警戒をしているので人となりがわからない人とはメールしません。

例として以下の内容を入れましょう。

    • 名前(サイトに登録をしている名前)
    • 住んでいる場所と職業
    • 出会い系を使っている目的

女性が共感をしやすい内容にすることを心がけてください。

熟女と会うためのメール術2.プロフィールから共通の話題をメールに入れる

共感しやすい内容としてここで活きてくるのが、「プロフィールの共通点」です。

共通点から熟女相手にメールを送っていきます。

例文として以下のような文があります。

  • 「僕も野球観戦が好きなんですけど、どのチームの観戦によくいきますか?」
  • 「旅行が好きで、最近はフランスに一人で観光に行きました」

共通点から話題を作っていくことで、相手が返信しやすい環境を作っていってください。

さらに、最後は相手に質問を投げかける形で終わることをおすすめします。

質問形式で終わることで話題が途切れにくくなるため、有効なテクニックの一つといえます。

熟女と会うためのメール術3.聞き上手になって共感する

女性は元来話をしたい生き物なので、男性側はとにかく女性の話を聞いてあげてください。

これは、熟女にたいしてもまったく同じです。

最初はメールでも「聞き上手」になることです。

なるべく相手が今考えていることや、抱えている不満に関して情報を引き出してあげてください。

そしてその抱えている不満に関して共感をしてあげてください。

共感をすることで、男性に対する熟女の警戒心はどんどん解けていき、出会える確率が上がっていきます。

熟女相手にやってはいけないメールのやり取りの仕方

では、逆に熟女相手に送ってはいけないメールはどんな内容でしょうか?

やってはいけないメールは以下の3つです。

  • 早い段階で下ネタを内容に入れる
  • すぐに連絡先を聞こうとする
  • 返信を催促する

では、それぞれ見ていきましょう。

熟女相手にやってはいけないメールのやり取りの仕方1.早い段階で下ネタをメール文に入れる

関係性ができる前から、下ネタを入れてくる男性を女性は嫌います。

「セックス目的ですよね?」
「どんな体位が好きですか?」

上記のようなメールを送っても、返信なんか来ません。

関係性ができるまでは、下ネタは入れずに話をとにかく傾聴することが大事です。

熟女相手にやってはいけないメールのやり取りの仕方2.すぐに連絡先を聞こうとする

連絡先を早い段階で聞こうとする男性はいますが、熟女相手にこれはNGです。

人妻は警戒しているので、よほど熱意がある男性でないと心は開きません。

また、不用意に連絡先を渡して面倒なことに巻き込まれたくないというのもあります。

熟女相手に連絡先を聞くのは、実際に会った段階で打診するのが自然です。

熟女相手にやってはいけないメールのやり取りの仕方3.返信を催促する

女性はは返信を催促されるのを嫌うので、NGです。
熟女も例外ではありません。

基本的に熟女は家庭を持っているので、携帯を見る時間は限られいていることが多いですし、仕事をしている熟女であればなおさらです。

そんなことも考えられない男性に対して、熟女が振り向くわけありませんよね。

やり取りをする際は心の余裕をもつことをおすすめします。

熟女とメル友になる方法まとめ

今回は、熟女とメル友になってセックスまで持ち込むためのプロフィールの作り方とメール術について解説しました。

熟女と出会うためには、プロフィール設計とメール術どちらも大事です。

どちらかが欠けていると、ほぼ確実に出会えません。

逆に、プロフィールの作り方とメール術を会得することで、熟女ハーレムを作れる可能性があります。

最後に熟女に相手にされるプロフィールの作り方と、メール術をあらためてまとめましたので参考にしてください。

プロフィールの作り方6つ

  • 基本的な項目は全て埋める
  • 誠実であることをアピールする
  • サイトに登録した目的を記載する
  • 趣味は異性受けするものを指定する
  • 異性のタイプを指定しない
  • プロフィール写真を必ず設定する

メール術3つ

  • 自己開示する
  • プロフィールから共通の話題をメールに入れる
  • 聞き上手になって共感する

上記のやり方を熟女相手に実践して、最高のセックスライフを送ってくださいね!!