熟女を口説く方法とは?熟女を落とすテクニックを解説します!

熟女を上手に口説く方法

熟女や人妻を口説くには、さまざまなテクニックが必要です。中途半端な口説き方では熟女や人妻を落とすことはできないでしょう。

それでは、熟女・人妻を口説く時のポイントについて一挙解説していきます。

これから熟女人妻と出会い口説いてみたいという人はぜひとも参考にしてみてください。

熟女や人妻と出会うには出会い系がオススメ

熟女や人妻と出会うには、出会い系を利用するのがオススメです。出会い系は基本的に若い女性が利用していると思われるかもしれませんが、多くの熟女や人妻も利用しています。

熟女や人妻は若い人の集まりに入るのが難しいですし、自然の新しい出会いの場を確保しにくい状態です。そこで出会い系を利用して新しい出会いを求めている傾向にあるので、熟女や人妻を口説きたいなら出会い系を利用して好みの女性を探しましょう。

熟女や人妻を口説き落とすコツを知ればハードルはグッと下る!

一見すると熟女や人妻を口説き落とすのは難しいと思われるでしょう。熟女は経験豊富なイメージがあって一筋縄ではいかない可能性が高いですし、人妻は家庭を持っているからこそガードが硬いように感じられますよね。

しかし、きちんと熟女や人妻を口説き落とすコツを知れば、ハードルはグッと下がります。若い女性を口説き落とすように、熟女や人妻を落とす効果的なテクニックが数多くあるので、コツを知って口説き落としてみましょう。

熟女・人妻の恋愛傾向とは?

熟女や人妻恋愛傾向は、以下の2種類に分かれています。

1.普通の恋愛がしたい
2.結婚しているが、新しい恋愛を求めている

1つ目の場合、これまでさまざまな男性と付き合ってきたけどうまくいかなかったり満足できなかったりする傾向にあります。恋愛経験が豊富で美を追求していますが、普通の恋愛がしたいと思っている熟女もいます。

バツがついていることもありますが、まだ女性として見られたいという思いが強いです。

2番目の場合、結婚して家庭を持っているけど家事や育児に疲れているので、気分転換やストレス解消のなどさまざまな理由で恋愛がしたいと思っている傾向にあります。結婚する前のように新鮮な気持ちで恋愛ができると、まるで若い頃の気持ちが湧いてきてストレス発散やリフレッシュができるようです。

ただ、この恋愛傾向は一歩間違えると不倫関係になってしまうことも考えられるため、単なる遊びで手を出さない方がよいでしょう。

熟女を口説く時のポイント

熟女を口説くポイントはさまざまなです。

恋愛経験が豊富でいて、きちんと女性として見られているのか不安な心を抱えている熟女を落とすなら、これからご説明するテクニックを駆使して根気よくアタックするのがベストです。

それでは、熟女を口説く時のポイントについてご説明しましょう。

熟女を口説く時のポイント1.きちんと女性扱いをする

熟女を口説く時のポイントは、きちんと女性扱いするのはもちろん、自分からデートに誘うことです。

熟女は若い女性と違い、プライドと不安の間で揺れ動いている状態です。女性としても人生の先輩としても長く生きている以上、年下の男性に遊ばれたくないと思っています。また、しっかりと私をエスコートしてほしいと思っているので、半端な口説き方ではスルーされてしまうでしょう。

しかし、プライドが高い反面、きちんと女性として見られているのか人一倍気になっています。それこそ適当な扱いをされたらプライドも心も傷ついてしまうので、きちんと女性扱いをしましょう。

また、熟女は基本的に自分からデートに誘ってこないので、自分からデートに誘ってきちんとエスコートしましょう。熟女を可愛いと言ってあげたり、危険がないように歩道側にあるかせたり、細かな気配りをされると熟女は喜んでくれますよ。

熟女を口説く時のポイント2.ストレートに好意を伝える

熟女を口説き落とすなら、まっすぐ真正面から好意をストレートに伝えましょう。熟女は若い女性と違って時間に限りがあります。何度も男性をとっかえひっかえしている余裕はないので、優柔不断であったり回りくどい言い回しや態度を嫌います。

ここはハッキリと「好きです」「あなたとデートしたいです」などとストレートに好意を伝えるのがベストです。若い女性なら嫌われることもあるかもしれませんが、熟女は大人の女性ですから、それだけで嫌うことはあまりないでしょう。

熟女を口説く時のポイント3.マメさを出して信頼を得る

熟女を口説き落とすなら、最初に信頼を得ることが大切です。

熟女は若い男性にときめくというより、男として見ればいいのか、それともただの男の子として見ればいいのかわからない状態です。大人としてこの人を信用してもいいのか考えているため、こちらはマメさを出して信頼を得ることからはじめましょう。

たとえば熟女からのメールやラインはすぐに返信したり、電話にすぐ出たり、細かなところにまで気を配ってあげると非常によい印象を与えます。一生懸命誠実さをもってアタックしたり、信頼を勝ち得て悩みを引き出して共感したりとマメさが功を奏するポイントは多いです。

熟女が意外にも繊細であり、ストレートにアタックしたとしてもすぐに悩みを打ち明けることはありません。信頼されれば熟女から寄ってくることが多くなりやすいので、マメさを忘れずに接しましょう。

人妻を口説く時の注意点

続いて人妻を口説く時の注意点は、とにもかくにも相手が結婚していることです。結婚しているというだけでハードルが高くなるため、口説き落とす際にもさまざまなことに注意しなければなりません。

それでは、人妻を口説く時の注意点についてご説明しましょう。

不倫をしていることを忘れない

何よりも忘れてはいけないのが、人妻と不倫をしているということです。それだけ人妻を口説き落とすというのは危険な行為なので、お互いのためにもあくまで遊びだということを忘れないようにしましょう。

また、既婚者であることを理解してくれる男性は人妻から好かれます。相手の都合も考えずにしつこくデートに誘ったり、人妻にも家庭があることを無視した発言をしたりするような男性は言語道断です。

そもそも不倫のような関係になるかもしれない綱渡りの状態で、旦那にバレることがあっては絶対にいけません。旦那に怪しまれないためにも、人妻の都合を最優先しつつ、家事や育児などで忙しくしていることを理解しましょう。

独身の気持ちを思い出させる

人妻は何のために一緒にいてくれるのか、その理由の一つが、「この人なら独身の頃の気持ちを思い出してくれるかもしれない」と思っているからです。家事や育児などで忙殺されていると、一人の妻としてだけでなく女として見てもらいたい気持ちが芽生えやすいです。

人妻は母という自分ではなく、一人の女として接してくれる男性を好みます。かつて独身だった頃のように、女として扱って一緒に楽しく過ごせるようにするのが口説く時のポイントです。

守秘義務を徹底する

相手が人妻である以上、守秘義務を守るのは絶対です。人妻を口説き落とすということは不倫関係になるも同然なので、このことを誰かにペラペラ喋ってしまうと周り巡って不倫していることが旦那にバレる可能性があります。

もし旦那にバレたら自分のせいで離婚することになりかねませんし、少なくとも人妻の過程を壊すきっかけを作ってしまいます。守秘義務を徹底するために誰にも口外しないのはもちろん、メールやラインのやり取りなど足が付く原因になるものはすべて痕跡を消しましょう。

さらに人妻が住んでいる場所から可能な限り離れた場所、または人目が少ない場所で会うなど関係がバレないように工夫することも重要です。

旦那のことを絶対にバカにしない

人妻を口説き落とす上でやってはいけないのが、旦那をバカにすることです。独身の頃を思い出させてほしいとはいえ、家庭を壊したいと思っている人妻はいません。あくまで遊びたいけど旦那のことは大好きな人妻と遊んでいるだけなのです。

ここは逆に旦那をバカにするのではなく、「こんな素敵な人と結婚した旦那さんが羨ましい」と褒めて羨ましがるのがベストです。好きな人を褒められて悪い気はしないはずですし、それでも不満があるよ、とポロっと不満を口にしだしたら成功ですよ。

人妻が抱える不満を上手に聞き出すためにも、とにかく旦那を褒めて羨ましがりましょう。

何よりも人妻の不満に徹底的に相談に乗る

もしも人妻が不満を口にしだしたら、徹底的に相談に乗りましょう。普段から抱えている不満を口にするのは、相手を信用している証拠ですが、信用していない中で不満を口にする人妻はいないでしょう。

ここは人妻が不満を口にするのを待つのではなく、先に自分の弱みを見せて共感を誘うようなやり方がオススメです。「あなたにもそんな悩みがあったんだ。私も不満があるんだけど……」となるのが理想的でしょう。

人妻の悩みに乗ってあげるのはもちろん、話を聞いてあげるだけでも人妻は喜んでくれます。愚痴のように不満を吐き出してスッキリした気分になれれば、それは男性が聞き上手であることを証明しています。

悩みに共感する形で、人妻の不満や悩みを聞き入れましょう。

熟女・人妻を口説くテクニックまとめ

熟女や人妻は若い女性や独身女性とはまったく違います。

年齢を重ねた経験豊富な熟女、家庭を持っていて新鮮な気持ちにさせてくれる人を求める人妻は一般的な口説き方では効果がありません。特別な関係になりたいのであれば、熟女や人妻の心情を理解して、相手を最優先することが大切です。

熟女ならストレートに好意を伝え、きちんと女性扱いしてエスコートすることが大切です。人妻なら相手の都合を最優先に考え、可能な限り会った痕跡を消し、旦那をバカにしないで不満を聞いてあげることが大切ですよ。