人妻・熟女にウケる出会い系サイトのプロフィールの書き方・メールのやり取り方法を解説!

熟女ウケするプロフィール文

出会い系サイトに登録をしている人妻・熟女はほぼ間違いなく遊び目的で男性を探し回っています。

そんな人妻や熟女に選ばれるためには、綿密なプロフィール設計とメールの文面構成や流れを意識しながらやり取りする必要があります。

この記事では、人妻・熟女出会いのためのプロフィールの書き方とメールでのやり取りの仕方について解説しています。

目次

熟女と出会うためにプロフィール設計が重要な理由

「出会い系に登録して女性にメールを送っているけど、全然女性から返信が返ってこない」

出会い系サイトに登録をしている男性で、上記のような悩みを抱えている男性は数多くいます。

では、なぜ女性側から返信が返ってこないのでしょうか?

それは、プロフィールの書き方が雑で、女性に「この人とメールしてもよいかな」と思わせられていないからです。

逆に、プロフィールのきっちり書けば、女性からのメール返信率は格段にあがります。

では、なぜプロフィール設計が重要なのでしょうか?

理由は以下の通りです。

  • 返信率を高めるため
  • 他の男性と差別化ができるから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

熟女と出会うためにプロフィール設計が重要な理由1.返信率を高めるため

プロフィール設計が重要な理由として、女性からのメールの返信率を高めるためです。

いい加減な設計をされているプロフィールでは、女性側は「不誠実な人だな」とか「業者なのでは」と考えて結果的に返信をしません。

つまり、女性受けするようなプロフィールを書けていない男性は、速攻で女性のメール返信対象外リスト入りを果たします。

逆にしっかりと書かれたプロフィールは、本気で出会いたいという印象を与えるので、女性は「この人なら返信してもいいかな」と考えます。

熟女と出会うためにプロフィール設計が重要な理由2.他の男性と差別化するため

もう一つの重要な理由は、女性の印象に残って他の男性と差別化できるためです。

女性は出会い系サイトにて毎日100通近いメールを受信しています。

つまり1通ずつ見ている暇はなく、より印象に残るプロフィールを選んでメール返信していると考えてください。

ほとんどの男性は、プロフィール設定にこだわりを持っていないので、いい加減な書き方をしがちです。

男性側は「自分しか持たないオリジナリティ」を出さなければ、女性に魅力が伝わらず、結局メールの返信が全然来ないです。

逆に、プロフィールをきっちり書くだけで、他の男性と差別化することができ、結果的にメールの返信率が上がります。

熟女をおびき寄せるためのプロフィール設計

では、熟女の関心を寄せ付けるためのプロフィールの書き方はどの部分を意識すればよいのでしょうか?

意識するべき要素は以下の通りです。

  • 金銭的に余裕があるところを見せる
  • 怪しいニックネームは使わない
  • 年齢や身長、体重は多少サバを読んでも大丈夫
  • 女性を尊重しているところを見せる

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

熟女をおびき寄せるためのプロフィール設計1.金銭的に余裕があるところを見せる

基本的に熟女や人妻は金銭的余裕がないパターンがほとんどです。

会った際には男性側がお金を出す形になるのがほとんどなので、年収は高めに設定してください。

あまりに年収を高めに設定しても女性側が怪しむため、一般的なサラリーマンの年収よりも、少し高めの600万円~1000万円前後の値段で年収を設定するとよいでしょう。

人妻や熟女ととデートをするときは、基本的にあなたにお金がかかってくると思ってください。

熟女をおびき寄せるためのプロフィール設計2.怪しいニックネームは使わない

名前はローマ字や数字等を入れず、シンプルな名前にしてください。

使うべきニックネームは本名の名字のみとか名前のみを使うシンプルでよいです。

出会い系では男性側にと求められるのは誠実さのため、ユニークな名前にするのはかえって逆効果になり、結果的に返信が来ない可能性が高いです。

熟女をおびき寄せるためのプロフィール設計3.年齢、身長体重は多少サバを読む

自身の年齢、身長、体重は多少サバを読んでも構いません。

あまりに盛っているのは問題ですが、女性側もサバを読んでいるのは普通なので、男性側も多少盛っても問題ないでしょう。

サバを読んでよい基準ですが、以下ぐらいの数字が目安です。

  • 年齢:マイナス3~4歳
  • 体重:マイナス5kg
  • 身長:プラス3~5cm

これ以上盛りすぎると、会った際に嘘をつかれたと女性側は感じます。

会えたとしてもその後が続かないので、盛りすぎはやめましょう。

熟女をおびき寄せるためのプロフィール設計4.女性を尊重しているところを見せる

女性はセフレ扱いをされることを非常に嫌う生き物だと記述をし、熟女や人妻をそれは例外ではありません。

なので、出会い系のプロフィールでは「真剣な出会いを求めてやっている」とか「年上女性の恋人が欲しくてはじめた」などの言葉をいれて女性側にアピールするようにしてください。
恋人探しと書くことで熟女側の好感度もアップして「少しメールをしてみようかな」と感じるので、目的はあくまで真剣な出会いであることを強調してください。

熟女受けしないNGなプロフィール設計

では、決してやってはいけないプロフィール設計はどのようなものなのでしょうか?

やってはいけないプロフィールの書き方は以下の通りです。

  • 女性のタイプをプロフィールに記載している
  • 写真とプロフィールに一貫性がない
  • 趣味が女性受けしない
  • セフレ探し目的をプロフィールに記載している

では、それぞれ見ていきましょう。

熟女受けしないNGなプロフィール設計1.女性のタイプをプロフィールに記載している

自分の女性のタイプを記載している男性は、範囲を狭めているため女性から基本的に返信がこないです。

記載をしていることで、タイプに当てはまっている女性にまで印象を悪くして結果的にメールの返信が返ってきません。

ほとんどのサイトでは、女性のタイプを記載する項目などがあるため、記載しないようにしましょう。

女性のタイプは基本的に任意項目なので、記入しなくても問題ありません。

熟女受けしないNGなプロフィール設計2.写真とプロフィール文に一貫性がない

写真とプロフィール文に一貫性がないのも、女性受けしないプロフィールにになる要因となります。

一貫性がない具体例とは以下の通りです。

  • 写真さわやかなのに、プロフィール文が女性蔑視したような書きぶりになっている
  • 写真が陰キャラなのに、プロフィールが陽キャラぶっている

なので、プロフィール文と写真の雰囲気が一致をしているか書いた後にセルフチェックし、可能であれば第三者にプロフィールのフィードバックをしてもらうようにしてください。

熟女受けしないNGなプロフィール設計3.趣味が女性受けしない

女性受けしない趣味である「風俗」「ギャンブル」「タバコ」などを趣味欄に書いたり、プロフィール文に書いたりしてはいけません。

  • 旅行
  • スポーツ
  • スポーツ観戦

上記を趣味欄やプロフィール欄に入れるようにしましょう。

熟女受けしないNGなプロフィール設計4.セフレ探し目的で使っていることをアピールしている

セフレ探し目的をプロフィールに書いている男性は、メール返信は来ません。

理由は先ほど解説したのと同様で女性はセフレ扱いされるのを非常に嫌う傾向にあるからです。

セフレ狙いだと思われるようなプロフィールを書いていると敬遠されるので、あくまで誠実な男性である事をプロフィール欄に記入することが大切です。

熟女と出会えるメールのやり取りの方法

「女性のファーストテーマから返信が来た!でもメールのやり取りが続かず途中離脱されるケースが多い」

上記のような悩みを抱えている男性は多いですよね!

熟女からメールが返信がくるには、さまざまなテクニックがありますが、基本的にやるべきことは以下の通りです。

  • 言葉づかいに気をつける
  • メールで聞き上手になる
  • 10通以内にメールかLINEに切り替えをする
  • すぐに会おうとせず段階を踏んでいく

では、それぞれ見ていきましょう。

熟女と出会えるメールのやり取りの方法1.言葉づかいに気をつける

熟女は精神的に成熟をしているので、早い段階からタメ口を利くと確実に無視されてしまいます。

最低限のマナーも守れない男性は熟女側からすると「誠実さがない」とか「礼儀がなっていない」と判断されて返信が返ってきません。

親しくなるまではある程度の距離感を保ちながら、丁寧な言葉づかいを意識してメールのやり取りを進めていきましょう。

そうすると相手への思いやりや好意が伝わるので、熟女側も「この人とだったらメールのやりとりをしてもいいかな」と思うようになりますよ!

熟女と出会えるメールのやり取りの方法2.メールで聞き上手になる

女性は元来話をしたい生き物であり、熟女も例外ではありません。

基本的にメールの中では、男性側が質問を投げて、女性側に話をさせることを意識してください。

決してやってはいけないのが、男性特有の自慢話や武勇伝などをひけらかすことです。

女性側からするとまったく興味のない話なので、結果的に会話が続かず途中離脱される可能性が高いです。

あくまでの男性側は聞き役に徹することが重要です。

熟女と出会えるメールのやり取りの方法3.10通以内にメールやLINEに切り替える

女性とのやり取りでは10往復以内にLINEかメールに移行するようにしましょう。

誠実な態度をとっていれば女性側も勝手に「この人であればLINE交換してもいいな」とか「メールアドレス公開してもいいな」と思うようになります。

切り出し方は以下の例になります。

(例)
〇さん(女性)が良ければ、メールアドレスかLINE交換しませんか?

交換してもよいのであれば、こちらから教えます。

交換したくないのであれば、こちら(出会い系サイトのメール)でやり取りしましょう。

基本的には、交換しないという選択肢を与えず、メールかLINEどちらかを交換すると誘導をして
こちらから基本的にはLINEIDやメールアドレスを教えてください。

また、教えたくないというリスクを想定して、「こちらのメールでやり取りしましょう」と最後に一文を添えることも忘れないでください。

熟女と出会えるメールのやり取りの方法4.すぐに会おうとせずに段階を踏んでいく

熟女と出会うためには、いくつかの熟女側の承認を超える必要があります。

承認のステップは以下のようなステップを踏みます。

  • STEP1.メールに返事を貰う
  • STEP2.やり取りをしばらくして関係値を築く
  • STEP3.メアドやLINEを交換する
  • STEP4.交換後にデートに誘って承認を貰う
  • STEP5.実際に会ってデートをする

上記のステップを守らないと、大抵の場合は熟女から返信が来なくなります。

基本的にマッチング直後に会うのではなく、しばらく文面上のやり取りをして相手の小さなYESを積み重ねた上で、直接熟女にお会いするようにしてください。

人妻熟女プロフィールまとめ

今回は、人妻・熟女が注目する出会い系サイトのプロフィールの書き方と、熟女と出会えるメールのやり取りの仕方を解説しました。

プロフィールで重要なのは、とにかく人妻や熟女に注目をしてもらうことです。

そのためには他の男性との差別化が必要です。

そのうえでメールのやり取りもすぐ会おうとせずに、小さなYESを熟女側からとり続けて会うようにしてください。

YESを取り続けることで、信頼が積み重なっていきます。

最後にプロフィール設計、メールのやり取りの極意をまとめましたので、参考にしてください。

熟女受けするプロフィールの書き方

  • 金銭的余裕を見せること
  • 怪しいニックネームは使わない
  • 誠実であることをアピールする
  • 年齢や身長、体重は多少サバ読みをする

熟女と長続きするメールのやり取り方法

  • 言葉づかいに気をつける
  • メール上で聞き上手になる
  • 10通以内にメールorLINEに切り替える
  • 熟女から小さな承認をとり続けて段階を踏んでいく

上記の極意を意識・駆使して熟女と楽しいセフレライフを送ってください!!