ポルチオ・クリトリス・Gスポットの攻め方とは?手マンの方法・潮吹きをレクチャー!

熟女をイカせる手マンテクニック

\登録1分で簡単!ヤレるエロい熟女多数!/
熟女と即セックスしたい人はこちら!

「女性を手マンでイカせたい」
「ポルチオやクリトリス、Gスポットの攻め方って?」
「潮吹きさせるコツは?」

そう考える方は、手マンのテクニックを磨きましょう!

セックスで喜ばせたいのであれば、手マンを上達するのが一番です。

この記事では、手マンのコツや注意点を徹底解説しています。

ポルチオ、クリトリス、Gスポットの攻め方を駆使すれば、手マンのコツもつかめますし、AVのように潮吹きさせることもできます。

また、熟女と出会う方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

熟女出会い系サイトおすすめランキング!アプリ・掲示板について解説!

手マンで攻める前に

手マンとは簡単に説明すると「女性器を手や指で愛撫すること」です。

手マンはセックスにおいて、とても重要なプレイの一つです。

相手の女性器が濡れていないのにペニスを挿入してしまうと、滑りが足りないのでお互いに痛みが伴ってしまいます。

しっかりと手マンで愛撫をしてあげることで、愛液がたっぷりと出て、お互いに気持ちいいプレイができるようになるのです。

ポルチオやクリトリス、Gスポットなどを攻めてあげる前に、ぜひやってみて欲しいことを紹介します。

首筋や耳を舐めて刺激する

首筋や耳などを舐めて更に感度を高めてあげましょう。

人がくすぐったいと感じるところは、性感帯にもなりえます。

そのため首筋や耳などを攻めるのも効果的です。

耳たぶをあまがみしたり、唾液が入らないように注意しながら耳の穴を舐めるなど、相手を飽きさせないように色々な刺激をしてあげてください。

ただし、人によっては首筋や耳が苦手な場合もあるので、相手の反応を見つつ攻める必要があります。

決して焦ることなく、ゆっくりと時間をかけて攻めましょう。

「時間かけすぎかな?」と思うくらいがちょうどいいです。

おっぱいや乳首を刺激する

全身をくまなく愛撫したら、おっぱいや乳首を刺激していきましょう。

ここまで上手に刺激をしていくと、女性はかなり興奮してきています。

徐々に強弱を付けたり、乳首を触っていきます。

ここまでしっかり行えば、雰囲気作りと焦らしは完璧です。

ゆっくり出し入れする

膣の中がたっぷり濡れてきて、指を膣口に押し当てた際に、指がすんなり入るくらい濡れていたら、中指か薬指を1本入れてみましょう。

手のひらを上にしてから指を入れると出し入れがしやすいですよ。

また、指を入れる時は必ずゆっくりと時間をかけて入れるようにしましょう。

勢いよく指を入れると、膣内を傷つけてしまう恐れもあります。

指が膣の奥へ到達したのならば、指先で膣の上を軽く押しながら指を戻します。

この一連の動作をおこないながら、指をゆっくりと出し入れします。

相手の感度を確認しながら、出し入れの速度を速くしたり、指の本数を増やしたりしていきましょう。

指はお腹側に曲げる

女性を手マンでイカせたいのであれば、膣の中に入れた指をお腹側に曲げるのがコツです。

膣内で手のひらを上にして、第一関節を曲げてみるとGスポットを刺激することができます。

相手をイカせたいのであれば、このGスポットを刺激してあげましょう!

ただし、強く押すと痛いので、爪が当たらないように気をつけながら、優しく指の腹でなぞるように刺激してあげてください。

手マンの注意点

いくら相手を手マンで気持ちよくさせてあげようという意気込みはあっても、NGな触り方をしてしまっては即アウトになってしまいます。

ポルチオやクリトリス、GスポットのNGな触り方・攻め方もご紹介するので、しっかりと理解して、決しておこなわないようにしましょう。

爪を切っておく

いざ、ポルチオやクリトリスをを攻めようとする際に、爪が伸びていては相手は痛がってしまいます。

男性にとってセックスの際のエチケットのようなものですから、爪を切るという最低限のマナーは忘れないでおきましょう。

爪切りを持ち歩くのも男のエチケットの一つです。

いきなり刺激しない

気持ち良くしたいがあまり、力まかせにポルチオをいきなり激しく刺激してしまうのもNGです。

焦る気持ちを押さえて、最初はソフトに優しく刺激して、気持ちよくなってきたら徐々に激しくしていきましょう。

相手の反応を伺いつつ、刺激する際の強さを見極めましょう。

「痛くない?だいじょうぶ?」などと声掛けをしてあげるといいです。

相手が痛がったらやめる

相手が痛がったらすぐにやめましょう。

少しずつ開発していき、痛みが快感に変わっていきます。

ですので、相手が痛いと言ってきたのであれば、攻めるのを止めてあげましょう。

ポルチオの攻め方の前に「ポルチオ」について知ろう

ポルチオの部位ですが、女性の膣の奥、子宮口が突き出ている部分のことを指します。

女性の膣の中に指を入れてみると、膣の奥に付き合った際に何か塊のようなものがあると思います。

それがポルチオです。

ポルチオはとても繊細な器官のため、いきなり刺激をしてはただ痛いだけです。

ポルチオで快感を味わうには、開発が必要になってきます。

年齢や経験を重ねていくほど、ポルチオが開発され快感を得やすいのです。

ポルチオの攻め方

ポルチオはとても繊細な器官ですが、コツをつかめば相手を絶頂までイカせることができるスポットでもあります。

ここでは、オススメのポルチオの触り方・攻め方を5つご紹介します!

これを実践してみれば、きっと女性もポルチオの快感にやみつきになること間違いなしです。

騎乗位で攻める

騎乗位は女性が主導権を握る体位であるため、自然と自分が一番気持ちがいい場所にペニスを持っていきがちになります。

そのため、知らず知らずのうちに自分でペニスをポルチオに誘導して刺激していることがあります。

また、騎乗位は正常位に比べて、ペニスが奥まで当たりやすくなります。

とくに腰を突き上げると、より深い挿入が可能になりますよ。

男性は、相手の動きに合わせて腰をグイッと突き上げるようにすると、よりポルチオを刺激することができるでしょう。

相手の女性が「奥まで届いている」と声を漏らせば、ポルチオで感じている証拠です。

女性を騎乗位で攻め、そのままフィニッシュにもっていきましょう。

バックで攻める

バックの体位は奥深くまでペニスを挿入できる体位です。

ポルチオの刺激をより意識するならば、膣を水平に保てる通常のバックと寝バックがとくにオススメです。

女性がお尻を突き出すと、よりポルチオに届きやすくなります。

その際に膣の奥をゆっくりと圧迫するようなイメージで刺激すると、ポルチオの感度も増しますよ。

ぜひ、女性をバックで攻め、絶頂させてください。

2点同時に攻める

ペニスの挿入でポルチオを刺激することができるようになったら、今度は他の箇所も同時に攻めてみましょう。

挿入しながら、同時にクリトリスを攻めるという、2点同時攻めができるようになったら最強です。

挿入の快感に、クリトリスの快感もプラスされたのならば、これ以上の快感はないはずです。

狂ったように悶えることでしょう。

焦らず根気強く攻める

ポルチオを刺激するのがはじめての場合は、あまり気持ちよくしてあげようと力まない方がいいです。

最初はどうしても痛いものですので、ムリに初日で完結しようとするのではなく、焦らずに長期戦として考えるようにしましょう。

一番大事なのは、相手に「またあなたとセックスしたい」と思わせることです!

ポルチオで満足させる事ばかりを意識して、一番大事なことを見失わないようにしましょう。

クリトリスの攻め方の前に「クリトリス」について知ろう

クリトリスとは女性器にある小さな突起の事で、わかりやすく場所でいうと、ワレメの上あたりに位置しています。

男でいうペニスにあたり、男と同じように、刺激を与えると性的興奮を得るようになっています。

ペニスと同じように、クリトリスも包皮に覆われている場合があり、興奮すると露出する事が多いです。

興奮しても皮がかぶったままの人や、興奮する前から露出している人などさまざまな人がいます。

ただペニスと違って、クリトリスは性的興奮を得ることのみに特化しており、他に機能はありません。

そのため性的刺激が強いので、上手に扱わないと、痛いと感じる場合が多いです。

男性が思っているよりも、非常に繊細な器官と言えるので、セックスする際はさまざまな事に注意して攻める必要があります。

クリトリスの攻め方

ここでは本気で感じさせるクリトリスの攻め方を、5つ紹介していきます。

ぜひとも参考にしていただければと思います。

パンツの上から優しくなぞって焦らす

クリトリスを攻めるときは、いきなり直で触るのではなく、パンツの上から優しくなぞって焦らして攻めていきましょう。

太ももやお尻など、下半身をフェザータッチしつつパンツの上からクリトリスを優しくなぞって刺激してください。

あまりにパンツの上から刺激しすぎると、パンツが汚れて嫌がる人もいるので、ここではそれほど時間をかけなくてもいいです。

ある程度刺激をしたらパンツを脱がせて同じように刺激していきます。

この際、勝負下着をはいていたら、下着を褒めるのも忘れないようにしてください。

言葉責めと同時に

クリトリスを触る際には、言葉攻めも同時で行うと効果的です。

繰り返しお伝えしているように、女性とセックスする際は雰囲気作りが非常に重要になってきます。

無言でずっと攻めていても「作業的で嫌」と考えてしまう人も多いです。

そのため、どんな言葉でもよいので「どこを触って欲しいの?」「気持ちいい?」「すごく濡れているよ」などコミュニケーションをとりましょう。

ピンクローターを使う

ピンクローターを使うのも一つの手です。

どうしても指や舌で攻めるだけではマンネリ化してしまうので、時にはこういったもので変化を付けていきましょう。

人によって刺激の受け方はさまざまなので、最初は弱い振動でクリトリスにあてて様子をみましょう。

それでも刺激が強いのであればパンツの上からなど、工夫して使ってみてください。

基本的にはピンクローターは振動が細かく、刺激を継続的に与えることが出来るので、すぐ女性はイキそうになるかと思います。

長く楽しみたいのであれば、寸止めをして楽しむのも一つの手です。

挿入しながら

前戯が終わって挿入したら、クリトリスの刺激は終了と考える男性も多いですが、挿入しながらクリトリスを攻めることは非常に効果的です。

バックや背面側位だと、ピストンしながら指でクリトリスを刺激しやすいのでオススメです。

Gスポットの攻め方の前に「Gスポット」について知ろう

Gスポットは女性の性感帯の1つで、膣の上部にあるザラザラした部分です。

基本的には指を奥まで入れて、第二関節を曲げた位置にあることが多いです。

この部分を刺激することで、女性は強い快感を得ることが多く、クリトリスよりも気持ちいいという女性も多いです。

また「中イキ」ができるかどうかにも、非常に強くかかわってくる場所ともいえるので、上手に刺激をすることで、セックスをする際に男女同時にイクことも可能です。

Gスポットの攻め方

では女性をイカせる為のGスポットの攻め方を5つ紹介していきます。

ここでしっかりと学んで、女性をGスポットでイカせられると、女性からの信頼が熱くなり、今まで以上に激しく熱いセックスができるようになります。

ぜひとも参考にして、役立てていただければと思います。

ペニスを浅めに挿入してリズムよく攻める

ペニスでGスポットを攻める際は浅めに挿入して、リズムよく攻めましょう。

深く長いストロークで出し入れすると、Gスポットに刺激が伝わり辛くなります。

浅く入れて膣上部にペニスが当たるように、小刻みに攻めましょう。

基本的にはどの体位でも上手に動かすことでGスポットへは刺激できますが、体位によっては難しくなります。

寝バックや背面側位だと、ペニスでGスポットへの刺激がしやすくなりますので、オススメです。

ぜひ試してみてください。

さまざまなリズムで刺激する

これは意外にも難しいのですが、さまざまなリズムで刺激するのも大事です。

基本的には、Gスポットは一定のリズムで常に刺激を与え続けるのが効果的です。

女性もそのリズムに合わせて徐々に快感を高めていくので、リズムを変えると興奮がすこし冷めてしまう女性も多いです。

ですが、ずっと同じリズムだと、それはそれで機械的になってしまい、ふとした時に女性を冷静にさせてしまう可能性があります。

基本的には同じリズムで快感を与え続け、女性の興奮の高まりが少し落ち着いてきたと思ったら、別のリズムで攻めたり、指からペニスに変えたりと工夫してみましょう。

潮吹きさせる方法の前に「潮吹き」について知ろう

AVで見かける潮吹きは、実際に見たことがある男性、潮吹きをした女性は多くはなく、珍しい現象です。

セックスにおける潮吹きとは、女性の性感帯を刺激することによって女性器から出る液体を指します。

このときに出る液体は、尿でもなければ愛液でもない無色透明で無臭なのが一般的です。

正確にいう潮吹きで出る液体は、スキーン腺液という名称で、膣壁前方上部にあり尿道の末端近くにある分泌腺である、スキーン腺という器官から排出されます。

潮吹きは男性の射精と同様に、エクスタシーが頂点に達したときに発射されるものと思っている人も少なくないですが、その考えは間違いです。

「潮吹き=イク」というわけではなく、女性器のGスポットを刺激することで、潮吹きは発射されます。

なかにはイク感覚で潮吹きをする女性もいますが、ほとんどの女性はイッたわけではなく、おしっこが出たのと同じような感覚で潮吹きが起きるのです。

スキーン腺液はおしっこと同じ尿道から出るので、なかにはおしっこを漏らしたと勘違いする人も珍しくありません。

潮吹きは女性の体質的なものもあり、まったく潮吹きを体験したことがない人もいれば、しょっちゅう潮吹きをしてしまう潮吹き体質の人もいます。

身体が敏感で感じやすい人は潮吹きしやすく排出される量も多い傾向です。

潮吹きさせる方法

潮吹きはセックスにおいて珍しい現象なので、簡単に見られるものではありません。

そのため、潮吹きを実現するいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

次より女性に潮吹きをさせる5つのコツを紹介しましょう。

セックス前に水分を取る

潮吹きの際に排出されるスキーン腺液は液体なので、体内に水分を十分に摂取しておくと潮吹きがしやすくなります。

水分を十分に取り入れておくと尿や汗の量が増えるのと同様に、スキーン腺液の量も増加するのです。

逆に水分不足だと潮が吹きにくくなり、潮吹き体質の女性でも潮吹きの実現は困難になるでしょう。

そのため、豪快な潮吹きが見たい場合は、セックス前に女性にしっかりと水分補給をしてもらい、体内の水分を充足してもらいましょう。

ただし、あまりにも大量の水分摂取をすると、おしっこが近くなったりお腹を壊したりする現象が起きます。

また、水分の摂り過ぎでお腹が膨らんでしまい、セックスが円滑に行えない弊害も生じるでしょう。

水分補給は大事ですが、あまり飲み過ぎないようにすることが大事です。

潮吹きしやすい体位にする

最も潮吹きしやすいスタイルは、M字開脚といえるでしょう。

この体勢なら勢いよく塩を吹いても困ることはありません。

M字開脚は女性に仰向けになってもらって足を開くパターン、椅子に座って開脚するパターンがあります。

どちらにするか2人の好みでスタイルを選びましょう。

そして、M字開脚にはもうひとつのメリットがあります。

女性にM字で足を開いてもらうと、女性器の全体が見えてGスポットが探しやすくなるのです。

責めやすい体勢でもあるので、潮吹きがより早く実現するでしょう。

「漏れそう」という感覚になったら潮吹きの前兆!

潮吹き体質に開発されていない女性にとって、潮吹きとは未知の体験です。

そのため、おしっこを漏らすのと勘違いする人は少なくありません。

しかし、セックス時のエクスタシーによっておしっこが漏れることはほとんどありません。

セックスのときにおしっこが漏れてしまうという女性も決してないわけではありませんが、それはセックスとは別に健康上の問題である場合が多いです。

そのため、Gスポットを責めた結果、おしっこが漏れるというケースはないといってもいいでしょう。

潮吹き寸前になって女性が漏れそうと「おしっこが漏れる」と判断して焦る人もいます。

しかし、それはおしっこが漏れるのではなく潮吹き寸前の合図なので、おしっこではないと優しく声をかけて安心させてあげましょう。

ポルチオ・クリトリス・Gスポットの触り方まとめ

いかがでしたか?

この記事では、手マンで攻めるべきポルチオ・クリトリス・Gスポット紹介から、オススメな攻め方、NGな攻め方などをご紹介してきました。

ぜひ、あなたの手マンテクニックで、存分にイカせてあげてくださいね。