熟女とバックする方法!バックのメリットやコツまとめ

熟女をバックでイカせる

セックスの体位で人気なのが後背位、通称「バック」です。

バックでのセックスは、他の体位に比べて興奮するという人は、男女ともに少なくありません。

今回は、他の体位では味わえないバックのメリットやコツ、熟女と出会う方法について詳しく解説します。

バックとは?

バックとは、正式名称が後背位という体位です。

正常位や他の体位のようにお互いが向き合うのではなく、文字通り女性が背中を向けて男性が後ろから挿入する体勢になります。

正常位や騎乗位などは女性側も腰を振ったりなどして主導権を握れますが、バックの場合は全面的に男性側のペースになるのが特徴です。

メリットや種類などは御述しますが、覚えておくとバリエーションが増えて女性側も喜ぶので、把握しておくといいでしょう。

熟女とバックするメリット

色気ムンムンの熟女とのセックスを希望する男性は少なくないですが、バックセックスをすればよりいっそう興奮をもたらします。

熟女とのセックスでバックをした場合どのようなメリットがあるのか、そのメリットを次より見てみましょう。

刺激的で征服感が満たされる

バックでのセックスは、Sっ気の強い男性の征服願望を満たせるのが特徴です。

バック以外の体位はお互いが顔を向け合う体勢が多いので、一体感を味わえます。

しかし、後背位は女性が背中を向けて挿入から一方的に責める体勢なので「男性側がガンガン責めている気分」が、より濃厚になります。

とくに四つん這いにさせてのバックは、動物の交尾と変わらない体勢なので、より興奮してしまう男性は少なくありません。

また、Mっ気の強い熟女であれば「一方的に責められている」「獣のような体勢にさせられている」といったことに興奮してしまうでしょう。

他の体位では味わえない、刺激的なセックスを堪能できるのが、バックの特色です。

挿入しやすく、腰を動かしやすい

後背位は、男性器と女性器がフラットな位置にくるので、数多い体位のなかでも挿入しやすいメリットがあります。

そして、挿入後も奥まで入りやすいので、他の体位では味わえない奥まで突かれる刺激を熟女に与えることが可能です。

男性側もペニスが女性器にすっぽりとおさまるので、男女ともに強い快感を味わえます。

バックは男性側が身体を起こした状態になるので、腰が動かしやすいのもメリットです。

そのため、激しいピストン運動をしても腰にそれほど負担がかかりません。

他の体位より激しく責めたてて、熟女を喜ばせることができるでしょう。

また、バックは膣内2~5cmほどの位置にあるGスポットに安易に届きやすい体勢なので、Gスポットをガンガン責められます。

熟女とバックする方法

Mっ気の強い熟女はバックの体勢になっただけで興奮するタイプもいますが、バックの正しい手順を知っていれば、より熟女を興奮させられるでしょう。

熟女をバックでイカせる流れを次より紹介します。

四つん這いにさせる

まずやるべきことは、相手の熟女に後背位のオーソドックスな体勢である四つん這いになってもらうことです。

相手に服従する体勢であること、女性器からアナルまで地部が丸見えになることが特徴で、この体勢になる・させるだけで興奮する男女は少なくありません。

このスタイルから相手の腰に手を回して責めることは「鵯超え」とも呼ばれており、またワンワンスタイルとも呼ばれています。

全身を愛撫してあげる

後背位をする場合、男性の両手は自由に使えます。

そのため、挿入前も挿入時もじっくりと両手で熟女の身体を愛撫してあげるといいでしょう。

熟女は四つん這いにさせられた時点で興奮するタイプもいますが、なかには濡れにくい体質の人もいます。

そのような人にムリヤリ挿入しても、痛い思いをさせて冷めてしまうケースもあります。

そのために愛撫は手を抜かずにしっかりと行いましょう。

また、挿入時もおっぱいやクリトリスをムリなく責められるのも、バックのいい点です。

ピストン運動だけに気を取られずに、両手をフル稼働させて愛撫することが大事です。

熟女のおっぱいの攻め方について、下記の記事で紹介していますのでぜひ参考にしてください。

熟女のおっぱいの攻め方熟女のおっぱいの攻め方5選!触り方・愛撫の手順について解説します!

挿入する時はゆっくりと

挿入するときは素早くするのではなく、ゆっくりと相手の様子を伺いながらやりましょう。

奥まで届くのが熟女には気持ちいいと思っている人もいるかもしれませんが、なかにはいきなり奥まで挿入すると痛がる人もいます。

熟女が喜んでくれる挿入のコツは、ペニスの「亀頭」「ペニスの真ん中」「根元まで」とじらしながら段階を踏んで挿入することです。

じらしがあることでその後にある激しいピストン運動のエクスタシーが際立つからです。

また、膣内のどこらへんが感じるポイントなのかを探るためにも、ゆっくりな挿入は必要です。

反応を見ながらピストン

バックは激しくパンパンやれば熟女も喜ぶだろうと、安易な考えをしてはいけません。

いきなり激しく奥まで疲れると痛がる熟女もいます。

そのため、ピストン運動は相手の反応を見ながら、強弱を調節することが大事です。

最初はゆっくりと腰を動かして、熟女が気持ちよさそうにしていたら、少しずつスピードを速めましょう。

また、一定のスピードではなく緩急をつけると、変化が生じて熟女も喜びます。

熟女バックの体位

バックは四つん這いスタイルだけでなく、他にもバリエーションがあります。

熟女によっては四つん這いスタイル以外の体位が好みというタイプもいるので、他のバリエーションも押さえておきましょう。

熟女をイカせるバック体位は、以下の3タイプです。

寝バック

寝バックとは、熟女がうつ伏せで寝てその上に男性が覆いかぶさり、後ろから挿入して責める体位です。

男性は正常位と同じようなスタイルになりますが、女性は背中を向けた状態になります。

他のバック同様に熟女の表情を確認することはできませんが、寝バックはさらに熟女の前面も床に着けた状態になるので、両手でおっぱいを責めることもできません。

しかし、熟女のお尻のやわらかい感触を感じて味わう・ピストン運動のみに集中できるなどメリットがあります。

また、動きが制限される分、それほど体力を使わず、ピストン運動だけに集中できることも特徴です。

立ちバック

男性と熟女がお互いに立って行う体位が立ちバックです。

やり方は、まず女性が壁を前にして立って壁に手をついてもらいます。

そして、男性が後ろに回って挿入してピストン運動するという流れです。

女性が壁に手をつき、男性が背後からガンガン責めるというこのスタイルに、他のどの体位よりも興奮するという男女は少なくありません。

そして女性が足を広げないでもできるため、膣内が引き締まって、男女ともに気持ち良くなれます。

熟女は気持ち良さのあまり足がガクガクするから、好きな反面苦手という人もいます。

つばめがえし

バックの種類のなかで最もアクロバティックで難易度が高いのが、つばめがえしです。

やり方は寝バックの体勢で挿入した状態で、熟女の片方の足の太もも付近を持地ます。

そのまま片足を持ち上げるとつばめがえしの完成です。

片足を持ち上げることで、ペニスがより深く膣内に進入して刺激するメリットがありますが、女性にとってはかなりムリのある体勢になります。

そのため、身体の硬い人はこの体勢はかなり負担がかかるでしょう。

また、男性も片足を持ち上げたままピストン運動をしなくてはいけないため、かなりの疲労になります。

力に自信がある人にオススメの体位です。

熟女バックのオススメシチュエーション3選

熟女とのバックは、その手順や対位の種類を覚えることも大事ですが、シチュエーションに凝るだけでもお互いの興奮度はアップして、よりセックスを楽しめるでしょう。

では、オススメのシチュエーションとはどんなものがあるのか、そのオススメの状況を以下より3つ紹介します。

大きな鏡の前で

バックは女性の表情が見えないのがデメリットですが、その欠点を解消するのが鏡の使用です。

ラブホにあるような大きな鏡の前で立ちバックをすると、熟女の表情や全身が丸写しになり、その表情をじっくりと見ることが可能になります。

また、熟女側も自分の恥ずかしい姿が丸写しになり、なおかつその姿が相手に見られてしまうという羞恥プレイを味わえます。

大きな鏡の使用は、バックの気持ちよさと激しく刺激される羞恥心という2つの要素が楽しめるプレイです。

バスルームで

バスルームではローションや石鹸を使ったプレイを思う存分楽しめる場所です。

部屋が汚れる心配がないので、ローションプレイなどを気を使うことなく満喫できます。

そして、ローションや石鹸でヌルヌルになった身体でセックスをすると興奮度もさらに上昇します。

風呂場では寝転がってのセックスは難しいですが、立ちバックなどの後背位であれば、ムリなくセックスができます。

風呂場には鏡もあるので先述した鏡プレイも可能で、さらに風呂場は音が響く仕組みなので、熟女の喘ぎ声がいやらしく響き渡るのを楽しめるのも特徴です。

ムリヤリ

熟女のなかには、Mっ気が相当強い人もいます。

そのようなタイプは相手に無茶苦茶にされたい願望があるので、その希望に沿ったセックスをして喜ばせてあげましょう。

ドM熟女を満足させるには相手のいうことを聞かずに、強引に責めたてることです。

ムリヤリやり服を脱がす、あるいは服を着たままの状態で挿入をすれば、熟女側のMっ気も十分に満たされるでしょう。

服を脱がないような強引なやり方でも、バックであればスムーズにセックスが可能です。

熟女としたいアブノーマルプレイや、熟女としたい変態プレイ5選について、下記の記事にして解説しています。

熟女とアブノーマルプレイ熟女とアブノーマルプレイ!熟女がセフレに求める条件・変態エロプレイまとめ

人妻熟女としたい変態プレイ5選人妻熟女としたい変態プレイ5選!マニアックな変態セックスと注意点を紹介

出会い系で熟女と出会おう

バックを楽しめる熟女と出会いたくても、そう簡単には自分の欲望を満たせるパートナーとは出会えません。

そのような欲求不満の人には、出会い系サイトの利用がオススメです。

出会い系であれば、顔が見えないために普段抑えている欲望を全開にしている男女が多数います。

セックスに餓えている熟女も多数登録しているので、出会いやすいといえるでしょう。

熟女バック方法まとめ

数多いセックスの対位のなかでも、バックは動物のようなスタイルで本能を刺激する興奮度の高いセックスです。

熟女とバックをしたい人は、やみくもにバックを求めるのではなく、正しい手順や対位の種類、気持ち良くなるコツなどを知ることが大事です。

それらを学ぶことによってバックの興奮度はもっと増すでしょう。

ぜひ、熟女とのセックスの際にはテクニックを駆使して熟女をイカせてあげてください!

熟女とのセックス参考記事はこちら!

熟女を正常位でイカせる方法熟女と正常位する方法とは?正常位のメリット・コツを紹介

熟女と中出しセックスする方法出会い系で人妻熟女と中出しセックスする方法!ゴム無しセックスの注意点とは?

熟女をラブホに誘う方法熟女をラブホに誘う方法!簡単にセックスするコツとモテる男の特徴を紹介